イモに月がでる

アイルランドは人類史上、ジャガイモを主食にしたことのある唯一の国である。また、ヨーロッパではジャガイモが広く行き渡って以降、大きな飢餓は一度も起きていないが、唯一の例外はアイルランドで1845年から49年にかけての病害による悲劇であった。

 

アイルランドにジャガイモは、新大陸発見直後、沖合で難破したスペイン船から伝わったという説があるくらい、ヨーロッパ諸国の中でもっとも早く伝わったとされる。その後、寒い国の痩せた土地でも育つジャガイモは、人々のお腹を満たす重要な作物となっていた。といっても16世紀末から17世紀後半までは、ジャガイモはまだ主食である麦類が不作の時の予備食とされており、18世紀中頃までは貧しい人々の冬の食糧という位置付けだった。しかし、徐々に、効率を求めて穀類からジャガイモへのシフトが進んでいった。

 

アイルランドでは1740年に大飢饉に見舞われているが、このときはジャガイモがある程度普及していたため救われている。しかし、1845年にはそのジャガイモが飢饉の原因をもたらしてしまったのである。ジャガイモ原産の南アメリカからベト病の一種の病原菌がヨーロッパに侵入した。1830から40年にかけて、ドイツ、北欧、ベルギー、フランスへと病原が伝わり、1845年にブリテン島からアイルランドに侵入し、上陸した病原菌はあっというまにジャガイモを全滅させた。

 

食べるものを失い多くの人々が命を落としている。1845から51年の7年間に、150万人が飢餓で亡くなり、100-150万人といわれる人々が故国を捨てアメリカに移民した。アイルランドの人口は、ジャガイモによってそれまでの100年間に倍増して800万人に達していたが、ジャガイモのために半減してしまった。ヨーロッパのほぼ全ての国でこの病害が発生したが、アイルランドが特に悲惨であったのは、18世紀後半から約100年で、穀類からジャガイモへと主食が完全に移行したからである。

 

ジャガイモへのシフトは1810年ごろに顕著になっていた。夏の間にはオート麦入りパンがありはしたが、おなかをいっぱいにするのはジャガイモだった。牛を飼い穀類も栽培していたが、麦や肉はイギリスに輸出し、自分たちが食べるのはジャガイモばかりな状態になっていた。ジャガイモは茹でで食べていた。皮ごと茹でられたジャガイモが食卓を占め、家族全員がそれを囲んだ。ひとり1日で4キロも5キロも食べたという。

 

ジャガイモでお腹いっぱいにできる時代も終わりがくる。19世紀半ば頃になると連作障害による不作続き。種イモの劣化。芋は水っぽく栄養低下。ハトの卵より小さいイモしかできないこともあった。

それでも、もう穀物は作っていない。飢餓が襲った1845年頃には、多くの家庭でパンは誰も見たことがなく、台所にはジャガイモを茹でる鍋しかなかったという。主婦はジャガイモを茹でる以外料理を知らなかった。

 

こうして単作に特化したため、じわじわと衰えが見えてきたころに病菌によって壊滅被害がもたらされた。行き残った人々は「月がでている」ジャガイモを食べて飢えを凌いだ。

ジャガイモに完全に火を通すと、柔らかくなり食べやすいが腹もちが悪い。そこで外側だけ茹でた生煮えのイモを食べたのだった。消化が悪く、長い時間腹にもたせるためである。

その生煮えイモを切ると、火の通っていない中心部は色が違って見える。その丸い形を月に見立て、「きょうのイモ には月がでているぞ」といって笑って食べたとか。追い詰められても笑いを忘れない、冗談好きなアイルランド人のプライドだったのだろうか。